新鮮安い!魚介のワンダーランド・築地場内に行ってきた!

先日、築地市場場内に初めて行った。
その独特な雰囲気がメッチャ面白かったので、オススメする。


築地場内、実は一般客も買い物ができる。
場内の方は卸の値段で出しているので、上等な商品がすっごく安く売っていたりする。
たとえばスーパーで600円で売ってる佃煮が300円だとか。
あまりの安さに興奮するレベルのものがいっぱい売っています。

ご存知のとおり、築地場内は年内をもって豊洲に移転、閉鎖が決定している。
場外はそのままだし、場内の店舗も一部は「築地魚河岸」という新施設に入り、営業の予定。
ですが、歴史ある場内の建物や石畳は解体してしまうということです。
築地は元日本海軍所有地で、石畳は1920年頃の当時のままなのだとか。

所狭しと人と食材と発泡スチロールが並べられている市場は、一生足を向けることなく終わるかもしれない場所。
豊洲の方は、衛生管理をより徹底化されるということだったので、一見さんの一般人が入ることはできないらしい…。

この取り壊しになるこのタイミング…行くなら最後のチャンス!

とはいえ、場内に行くのはハードルが高いですよね。
場外ですら、正直コワイのに、場内なんて…(ガタブル)

まずは、知ってる人に連れて行ってもらいたい!
ということで、そんな築地場内ツアーとお料理教室をやっている先生をご紹介。

レリエキッチン 築地料理教室

www.street-academy.com


築地の場外すぐのマンション一室でお料理教室を主催されている。
私は予約にこのストリートアカデミー※というサービスを使った。
※このサービスはホットペッパーみたいなもんです。


レリエキッチンの「築地場内ツアー+旬魚をさばきアクアパッツァを作ろう!」という講座に参加した。
朝8時半に築地市場に行って、場外から場内をぐるっと周り、先生オススメの一般人でも購入OKな店を教えてもらえるツアーと、
教室に帰ってきて魚を一緒にさばいて料理が一緒になっている講座。

ここで先生からおすすめされたお店を紹介できればいいのですが、
正直なんとなくの場所で覚えただけで、どこがどこだか、店名も覚えられなかったので慣れている人にくっついて行くのが良いかと…

ツアーでぐるっと周るついでに、色々お買い物もさせてもらえるので、がめつく購入するのが良いと思います。
例)
鮭の切り身
スーパーで一切れ300円くらいで売ってるヤツってあると思うが、それが一切れ200円で売られている。
もちろん一切れから購入可能。
一切れ200円って聞くと高いなって思うけど…これがすっごく美味しい!
駅弁の鮭弁当とかって、身がパッサパサになってますよね、元々少ない脂が落ちきって美味しくない。
この鮭はすごく脂ものっててジューシー。
焼いた後、時間が経ってからレンジでチンしても、身がふわふわですごく美味しい。
スーパーで600円のパックの鮭を見ても、買えない…と思ってたけど、ちょっと手間をかけて200円ならすごくアリやなと思う。

他にも…
・スモークサーモン 200円
・鮪の中落ち パック一杯 500円
・有頭海老 10尾 1200円
・コハダ 10貫分 190円

基本、卸の量なので、ちょっとロットが多い場合もあるが、切り身とか貝類ならすごく買いやすい。


築地場内、確かにコワイおっちゃんもいっぱいいる。
相手にしてくれない魚河岸や、ターレーっていう、市場で使ってる乗り物でギリギリのとこ通って行くおっちゃんとか、自転車でガンガン突っ込んでくる人とか、いろいろいる。

でも、市場だからこその新鮮さ安さ、活気溢れる空気、テレビでしか見たこともないような巨大な鮪が横たわってたり、カニがいたり、ヒラメがいたり…築地はすごく独特な場所だった。
下手な遊園地に行くより、半端な映画を見に行くより、ずっと面白い場所だと思う。


11月で移転を完了し、あとは東京オリンピックのために取り壊し予定の築地場内…
この機会にぜひ、体験しにいってみてください!

 

作ったアクアパッツァ。美味しかった。

f:id:eeerrr111:20160604104619j:plain

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村